TPPとエネルギー政策の意見書提出

11月29日、市議団は議会運営委員会において、環太平洋経済連携協定(TPP)参加に反対する意見書と自然エネルギーの開発と普及、プログラムを決めた原発からの撤退をもとめる意見書について、市議会として国及び関係機関に提出をもとめるために、提案をしました。説明は、角谷敏男議員と伊藤幾子議員がおこないました。意見書案は各会派で検討の上、後日の委員会で扱いが協議されます。


カテゴリー: 政策・見解, 要望・申し入れ・回答 パーマリンク

TPPとエネルギー政策の意見書提出 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2つの意見書を提案 | 角さんのweb飛脚便

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です