2月鳥取市議会:日本共産党議員団の質問日と項目

2月定例会が22日(月)に開会し、代表・一般質問の日程が決まりました。
市議団各議員の質問項目と日程(予定)をお知らせします。
尚、日程は変更される場合がありますので、市議会事務局(tel30-8442)に確認下さい。

 

カテゴリー: お知らせ・ご案内 | コメントする

日本共産党鳥取市議団発行:「市議団だより2021年1・2月号」

12月定例会の議会報告=市議団だより1・2月号を発行しました。一般質問、補正予算への賛成討論、請願・陳情の内容などを掲載しています。ぜひ、ご意見やご感想をお寄せ下さい。

カテゴリー: 議会報告, 議員団だより | コメントする

鳥取市議会12月定例会、伊藤議員、岩永議員、金田議員が賛成討論

12月定例会最終日、提案された58議案は全会一致で可決されました。新型コロナ関連予算を含む議案第183号一般会計補正予算に対する賛成討論を伊藤議員が行いました。

また、国の責任による「20人学級」を展望した少人数学級の前進を求める意見書の提出を求める請願には金田議員が賛成討論を行い、全国知事会の提言に基づき、新型コロナウイルス禍における日米地位協定の抜本的改定に取り組むよう国及び関係機関への意見書の提出を求める請願には伊藤議員が賛成討論を行いました。

あわせて、共産党市議団が提出した日本政府に核兵器禁止条約への署名・批准を求める意見書については、岩永議員が賛成討論を行いました。

カテゴリー: 討論原稿 | コメントする

鳥取市議会:7日(岩永議員、荻野議員)、15日(伊藤議員、金田議員)に質問

お詫び:見出しにつき誤記があり、訂正しました。
:鳥取市議会:7日(岩永議員、荻野議員)、15日(伊藤議員、金田議員)に質問
:鳥取市議会:7日(岩永議員、荻野議員)、12日(伊藤議員、金田議員)に質問

12月定例会が4日(金)に開会し、一般質問の日程が決まりました。市議団各議員の質問項目と日程(予定)をお知らせします。尚、日程は変更される場合がありますので、市議会事務局(tel30-8442)にご確認下さい。

カテゴリー: お知らせ・ご案内 | コメントする

日本共産党市議団だより(2020年11月号)

日本共産党鳥取市議団発行の「日本共産党市議団だより」(2020年11月号)を掲載します。

カテゴリー: 議会報告 | コメントする

日本共産党市議団だより(2020年8月号)

日本共産党鳥取市議団発行の「日本共産党市議団だより」(2020年8月号)を掲載します。

カテゴリー: 議会報告 | コメントする

市議団だより2020年4・5月号

2月定例会の議会報告=市議団だより4・5月号を発行しました。岩永安子議員の代表質問をはじめ、3人の一般質問、新年度予算に対する反対討論の内容などを掲載しています。
ぜひ、ご意見やご感想をお寄せ下さい。

カテゴリー: 議員団だより | コメントする

4月臨時会:賛成討論

新型コロナウィルス感染症対策に関する補正予算や国保から傷病手当金を支給するための条例改正などの議案が提案されました。伊藤いく子議員が賛成討論に立ち、専決処分の承認を含めた9議案が全会一致で可決されました。

カテゴリー: 討論原稿 | コメントする

共産党市議団が2回目の申し入れ

14日、市議団は、11日の申し入れに続き、第2回目の申し入れを行いました。

「新型コロナウィルス感染症対策に関する申し入れ(第 2 回)」共産党市議団 4月14日

「新型コロナウィルス感染症対策に関する申し入れ(第 2 回)」共産党市議団 4月14日

申し入れの内容は、1.国に要望すること、2.市民の命、くらしを守るために、3.感染経路調査についての3本柱で計28項目です。

副市長は、国への要望については「市長に伝え、全国市長会を通じて要望する」、市民へのワンストップ窓口での丁寧な相談については、「新型コロナウィルス感染症対応窓口については検討したい」、保健所の体制強化についても「4月13日付で事務職1人を人事異動した」、総務部長は「短時間勤務の保健師の募集をかけているところ」などと答えました。

4月24日(金)に臨時議会が開かれる予定です。引き続き、様々な機会を通じて新型コロナウィルス感染症に関する対策や
対応を求めていきます。

関連記事緊急申し入れ・共産党市議団が新型コロナウイルス対策で鳥取市に

 

カテゴリー: 要望・申し入れ・回答 | コメントする

緊急申し入れ・共産党市議団が新型コロナウイルス対策で鳥取市に

4月10日、鳥取市において新型コロナウィルスの感染者が確認されました。
市議団は、閉庁日ではありましたが、緊急に副市長に申し入れを行いました。

 

カテゴリー: 要望・申し入れ・回答 | コメントする

収入激減の中小業者に大規模な支援を

日本共産党鳥取県委員会は3月24日、新型コロナ問題で平井鳥取県知事に対し、申し入れをおこないました。

3月24日、共産党鳥取県委員会は、新型コロナ問題で県知事に対し、申し入れ

3月24日、共産党鳥取県委員会は、新型コロナ問題で県知事に対し、申し入れ

続きを読む

カテゴリー: 要望・申し入れ・回答 | コメントする

市民・県民の声がとどき 休校中の子ども・中小零細業者への支援が実現

日本共産党鳥取県委員会は、新型コロナ問題で県民・市民の声を県知事に届け、4回の申し入れをおこなってきました。伊藤幾子市議と岩永安子市議は、2回目の申し入れに参加し、要望実現を求めてきました。

これまで4回の申し入れなかで、鳥取県は、売り上げが5%以上減少した中小零細業者などに対する無利子・無担保の制度融資を創設するとともに、小学校休校に伴い国が行う支援の対象外となっている個人事業主に日額4100円の独自助成(最大で15日)を行うことを決めました。

さらに、国民健康保険と後期高齢者医療で傷病手当を支給する市町村などに、国の特別調整交付金を用いて財政支援を行う予定です。
また、県は▷特別支援学校の児童生徒が学校で過ごす場合の昼食の提供▷旅館やホテルが日中に子どもの居場所、昼食を提供する子ども食堂をする場合に10万円を支給 ▷AIが出題する学習アプリの活用(県教委がライセンス取得して市町村に提供)、遠隔学習の普及――などを予算化しました。

参考:新型コロナウイルス感染症対策 緊急要望(2020年4月6日 日本共産党国会議員団)

カテゴリー: 要望・申し入れ・回答 | コメントする

2月鳥取市議会:伊藤議員、岩永議員が討論

鳥取市議会2月定例会の討論

今定例会では、新年度予算をはじめとする74議案が提案されました。さらに、新型コロナ対策の追加提案もあり、伊藤幾子議員が新年度予算と市有地売却の議案についての反対討論を、岩永安子議員が新型コロナ対策予算についての賛成討論を行いました。それぞれの討論内容を紹介します。 続きを読む

カテゴリー: 討論原稿 | コメントする